ChikaMie

近いホテルと見える宿☆ちかみえ☆

【8月中旬・富士宮口】水ヶ塚駐車場やバスの混雑状況とお土産

2017年8月20日の日曜日。富士登山をする人に付き合って富士宮口五合目まで行き、水ヶ塚駐車場で待っていた時のことを書きます。山頂と下界の天気の違いも比較してみました。

 

f:id:ebuffalo:20170520193404j:plain もくじ

f:id:ebuffalo:20170901230806j:plain

*この写真は 水ヶ塚駐車場に設置されていたものです。「富士山頂は雲がかかりやすく、当地も季節によっては霧などが発生し容易に富士山の姿をみることができないため、訪れた方に晴天時の富士山の様子がわかるようにこの写真を表示しました」と書いてあります。

なぜ富士宮口にしたのか

今回私は体力的に登ることをあきらめ、富士登山が初めての夫は一人で登ることになりました。私自身は過去に2度登ったことがあります。最初に登ったルートが富士宮口で朝早くから登り、山頂で少し過ごしたのちに下山しました。2度目に登ったルートは吉田口で、バスツアーで行きました。夕方から 登りはじめ、山小屋で仮眠をとり山頂でご来光を見るというツアーです。どちらとも雨が降りとても寒かった記憶があります。山小屋での仮眠は眠れるようなものではなく、通常は寝ているような時間帯に山を登るため、最初に登ったときより疲れた気がしました。どのルートを登るか、ご来光を見るか、朝から登るかなど、そのような体験談も踏まえ決めた理由をまとめました。

① 登ったことのあるルート2つのどちらかをおすすめした。

② 富士宮口の方が、単純に距離的に近く行きやすかった。 

③ 吉田口より空いていそうだった。

④ 傾斜のある岩場などがあり、吉田口より登山的に楽しかったから。

⑤ ご来光を見るために山小屋で仮眠したり、山頂で待ち時間があったりするより朝から登る方が時間がかからなくていいと思った。 

このような理由で富士宮口を朝から登ることに決めました。

水ヶ塚駐車場へ到着、混雑は?

水ヶ塚駐車場から五合目へはシャトルバスで行きました。事前に調べた情報では、

① 1000台駐車できる

② 平成28年度は満車になったことがない 

➂ バスは30分おきに出ていて、満席になったら増便される

ということだったので、駐車場やバスの空席などの心配はしていませんでした。実際はどうだったのでしょう。

シャトルバスの始発が朝の6時だったので、その時間に合わせて行き到着したのは5時50分頃でした。新東名の新富士I.C.~富士サファリパーク方面~富士山スカイラインを通り水ヶ塚駐車場というように、駐車場の南方向から行きましたが富士山スカイラインを走っているときは後ろに1台車が見えただけで、前にもすれ違う車もなく混雑どころか少なすぎて不安になりました。(空は雲っていて天気予報では雨だったので、誰も来ないのかな?と・・)

駐車場に着いてみるとそれなりにたくさんの車が止まっていて、人もたくさんいました。駐車場内のトイレに寄り、その後バスへ向かいました。ちょうど6時のバスが出てしまい、すぐに来た次のバスに乗りましたが、6時15分頃に出発しました。増便になったのではないかと思います。30-40分で五合目に到着です。

五合目はいい天気で、雲海を眺めることができました。

 

f:id:ebuffalo:20170901231559j:plain

 

富士宮口五合目の様子 

この時間帯 の五合目は登る人がほとんどです。そのため、すぐに登山道へ行ってしまうためかレストハウス・トイレ周辺には多くても20人程度という感じでした。レストハウスは営業中で、売店で夫が飴を購入。その後、山頂に向け旅だって行きました。

f:id:ebuffalo:20170901231841j:plain

五合目にあった看板によると、「今日の富士山」 は
山頂付近の天候 AM  PM --
山頂の気温 4℃   /   五合目の気温 15℃
日の出 4時57分  /   日の入 18時40分
本日までの遭難事故 27件 死者 0人 負傷者 23人  だそうです。

 

f:id:ebuffalo:20170901231942j:plain

バスターミナル手前の道路から見上げた、レストハウスと富士山。 富士宮口五合目には、こちらのレストハウスが一軒のみです。売店は7月中旬~8月下旬は 6:00~21:00、食堂は7月中旬~8月下旬は 6:00~18:30で、それ以外の時期は営業時間が短縮されているようです。

 

f:id:ebuffalo:20170901232129j:plain

しばらく周辺をうろうろしていると、そのうち下界から霧が昇って きました。先ほどまで綺麗に見えていた雲海も霧の中で、あっという間に景色が変わってしまいました。

下の写真は五合目到着の1時間後AM7:50頃に撮影。早く来てよかったです。 

f:id:ebuffalo:20170901232154j:plain

レストハウスで夫に頼まれていた会社の人へのお土産を購入。特にやることもなかったので、再びシャトルバスで水ヶ塚駐車場へ戻ることにしました。AM8:00発のバスに乗りましたが、さすがに乗客はまばらで、10人程度だったと思います。

バスで山を下っている途中から、雨になり周りは霧に包まれて何も見えませんでした。

 

水ヶ塚駐車場と「森の駅 富士山」

水ヶ塚駐車場に到着。出発した時より車が増えています。

これはAM8:30頃撮影した写真。

f:id:ebuffalo:20170901232231j:plain

夫が下って来るまでの間、実は河口湖の方へ観光に出かけようと思っていましたが、雨でこの霧ということもあり行く気が失せ駐車場で過ごしていました。(一旦駐車場を出て再入場するときは、又駐車料金1日1000円がかかります「腰切塚」の展望台への小道が あったので少し歩いてみました。15分ほど歩くと展望台に着くようです。 

f:id:ebuffalo:20170902233751j:plain

 

いつの間にか開店していた「森の駅 富士山」の中。一階はレストランとショップ。二階には綺麗なトイレがあります。営業は9:00~17:00のようです。お土産についてはのちほどまとめて紹介します。

f:id:ebuffalo:20170901232301j:plain

 

ショップ入口。自動販売機左の矢印部分は、富士山の岩でできたオブジェ?と思っていたのですが、近くに行ってみたら蛇口が3つほど並んでいました。オブジェではなく水道のようです。下山した人が顔を洗ったりできるようにかな?と・・。想像ですが。

f:id:ebuffalo:20170902235721j:plain

 

富士山のお土産(お菓子)

「森の駅 富士山」で売られているお土産です。 五合目のレストハウスの方がお土産の種類もたくさんありましたが、写真はありません。

f:id:ebuffalo:20170901232343j:plain

注目!人気NO.1のお土産だそうです。絶景赤富士いちごチョコクランチ♪

 

f:id:ebuffalo:20170901232358j:plain

ミニチュアクランチチョコ 富士山の約18万分の1サイズ。こちらは、Mary'sのチョコレートです。

 

f:id:ebuffalo:20170901232418j:plain

富士山ハイチュウ みかんともも。キットカットはストロベリーチーズケーキ味。写真上のほうに少し見えているのも、わさびキットカットですね。 

 

f:id:ebuffalo:20170901232437j:plain

富士金剛杖サブレ。鈴まで付いていて可愛いです。上の段は、雲のかたちをした富士山わたぼうしクッキー。  

f:id:ebuffalo:20170901232501j:plain

フジヤマ石鹸。カラフルでキュート❤ 

 富士宮口五合目と森の駅富士山で実際に見かけたお土産。先に買う?

        
       

 

山頂と下界のお天気比較 

f:id:ebuffalo:20170903022005j:plain

写真左は、8合目を過ぎたあたり。右は富士山頂火口付近。晴れています。

 

f:id:ebuffalo:20170903022927j:plain

ちょうど同じ頃、 水ヶ塚駐車場周辺は雨でした。

晴れていたため半袖、半ズボンという服装でスタートした夫は、途中で長袖を着ることもなくそのままの服装で下りてきました。ただ、日に焼けて真っ黒でしたが・・皮がめくれるほど焼けましたので、日焼けには注意してくださいね。

 

朝から登ることを選んで正解だった理由

富士山は電波が届かないんだろうなと思っていたのですが、各合目の看板の前で自撮りした写真が山頂までその都度ラインで送られてきました。電波が届くとは驚きでした。

(ラインで写真が届いた時刻、到着した時刻は不明)

7:00 五合目出発 ⇒ 7:49 新七合目 ⇒ 8:00 元祖七合目 ⇒ 8:34 八合目 ⇒ 9:00 九合目 9:25 九合五勺 ⇒ 9:21 頂上 ⇒ 9:56

その後、剣ヶ峰へ行き、お鉢巡りをし、下山。五合目に到着したのが 12:45。

5時間45分で戻ってきてしまいました。

もしご来光に合わせて登っていたら早く着きすぎてしまい、夜間山頂の寒い中で待たなくてはならなかったと思いますので、朝から登って正解でした。

 

富士山の熔岩

f:id:ebuffalo:20170903102102j:plain

最後に。

これは富士山から持ち帰った熔岩です。知っていますか?熔岩って食べられるんですよ!ちょっと炭っぽい味ですがミネラルが豊富です。

 

・・・というのは冗談ですが。

実はこれ、熔岩の形をした砂糖菓子です。甘いです。本物の溶岩は富士山から持ち帰ることは禁止されているようですので、お土産にはこちらをどうぞ。

富士宮口五合目レストハウス売店で売られています。

 

f:id:ebuffalo:20170903102129j:plain